過去の釣果

最近の釣果

3月22.23日
釣  果
22.23日は予報悪く出船せず。 アコウ順調! 3/26(土)は、アコウor大ムツorヒラメのどれか早い者勝ちで予約乗合出船する予定です。
3月21日
釣  果
21日 午前船 乗合1人 アコウ狙い アコウ 0.7〜1.2kg 4本。他、チョータ混じった。9時頃まで北東の強めな風と波で釣り辛かった。6時〜10時半。写真は、2日連続挑戦の松浦誠人氏。
3月20日
釣  果
20日 午前船 緑龍会5人 アコウ狙い アコウ 0.5〜2.4kg 0〜5本(0は1人)。他、チョータ数尾混じった。朝一番から3流しが好調だった。写真は、茅ケ崎市の白岩照司氏と小田原市の松浦誠人氏。
3月19日
釣  果
19日 午前船 仕立1人 大ムツ狙い。 形見れず!本来2人で大ムツ初挑戦の予定だったが、風邪で1人でのチャレンジとなった。北東の強めな風で釣り辛かった。写真は、さいたま市の斉藤秀和氏
19日 午後船 乗合1人 ヒラメ&マゴチ狙い。 マゴチ 40cm 1本、ホウボウ 30〜32cm 2本。ヒラメは、歯型付きはあったが形見れず。南の強めな風で釣り辛かった。写真は、横浜市の石田 隆氏。
3月17日
釣  果
17日 午前船 仕立3人 コマセ五目 朝1時間、浅場のキアジを狙ったが形見れず。後イサキに転向し、28〜35cmが1〜2 尾。他、中アジ数尾混じった。どちらも濁りと低い水温の為、食い渋かった。写真 は、コンテスト優勝の相沢 久氏と4位の中田義男氏。 *本日にて、今シーズンのイサキは終了と致します。
3月16日
釣  果
16日 午前船 乗合2人 ヒラメ&マゴチ狙い マゴチ 51〜67cm(2.4kg) 船中3本。他、ホウボウとオニカサゴ混じった。ヒラメは、歯型付き数回あったが形見れず。写真は、南足柄市の府川行伸氏。
3月15日
釣  果
コンテストが終了し、しばらく間が空いてしまった為イサキの試し釣りに出船したが、20cm前後ばかりで良型形見れず。中アジ混じった。クラドの流入でかなりの濁りあり。6時45分〜9時半。写真は、イメージ。
3月13日
釣  果
13日 午前船 船長+ゲスト1名 大ムツ狙い 二流し目から降り出した雪が霙に変わり、デッキに積もって歩けない状態になっ た。後、竜巻が発生。後、一面水蒸気と異常気象に見舞われた。あげくのはて、潮の 動き無く何の魚も釣れなかった。バラムツのアタリ4発と?の針外れ2回。
3月12日
釣  果
12日 午前船 仕立5人 ホウボウ狙い。 ホウボウ 33〜37cm 船中2本、バラシあり。本来午前・午後通しでイサキ〜ホウボウ のリレー釣りの予定だったが、朝から西の強風でポイント移動もままならず大苦戦。 11時半沖上がり。写真は、山形県長井市の国井修三氏。
3月6日
釣  果
6日 午前船 乗合3人 大ムツ狙い 本来[フィッシングライター岡本氏と大ムツ・大アラの夢リレーに挑戦しよう。 VOL.2]の予定だったが、予報が悪く前日早めに1人キャンセルになり夜中止と決まっ た。2人は来船してくれた為ゲスト1人と3人で乗合出船した。しかし、7時すぎから北 東の強風と波でほとんど釣りにならず8時半に沖上がりした。写真は、府中市の吉田 昌志氏と貝瀬芳樹氏。
7・8日は、船体整備のためお休みです。
3月5日
釣  果
5日 午前船 船長の一本釣り+ゲスト1名 大ムツ狙い 本来大ムツ狙いで仕立出船の予定だったが、前々日に予報が悪かった為キャンセルと なり、ゲスト1名と大ムツ狙いで出船した。キンメ1〜4枚にスミヤキ混じった。本命 形見れず。潮の流れ悪くアタリが遠かった。
3月1日
釣  果
1日 午前船・船長の試し釣り。 大ムツの試し釣りに出船したが、北東の風と波で海況悪く釣り辛かった。本命の形見れず、キンメ3枚のみ。
2月28日
釣  果
28日 午前船 乗合2人 イサキ狙い。 イサキ 20〜35cm 5〜8尾。他、カワハギとウマヅラ混じった。反応は昨日と変わらな かったが、食い渋かった。写真は、横浜市の石田 隆氏。 > 本日をもってジャンボイサキ釣りコンテストは終了となりました。狙い物としての イサキは、3月中旬まで続ける予定です。
2月27日
釣  果
27日 午前船 緑龍會5人 イサキ狙い。 イサキ 20〜37cm 2〜22尾。他、オキメバル多数と小アジ数尾にウマヅラ混じった。 30cm未満は1割、リリースは6尾。昨日の夕方からのドカ雪が、船上に凍り着いていた 為出船が20分遅れた。写真は、横浜市の安藤弘樹氏と朝一番の船上から見た雪景色。
2月26日
釣  果
26日 午前船 乗合1人 大ムツ狙い。 大ムツ狙いで出船したが北東の強めな風と波でほとんど釣りにならなかった。キンメ3枚のみで、本命は、形見れず。9時45分で早上がり。写真は、小田原市の松浦誠人氏。
2月24日
釣  果
24日 午前船 船長の一本釣り イサキ狙いで7時に出船し、22〜36cmを17尾にオキメバルとウマヅラ混じった。リ リース多数。10時沖上がり。
2月21日
釣  果
21日 午前船 乗合3人 イサキ狙い。 イサキ 20〜37cm 5〜13尾(30cm以下は3尾)。他、中サバとオキメバル混じった。8時 半頃まで北西の風と北東の波で釣辛かった。写真は、中野区の古屋忠雄氏。
2月20日
釣  果
20日 午前船 仕立6人(貸竿1人、初心者3人) イサキ狙い。 イサキ 15〜33cm 0〜7尾(0は2人)。他、オキメバル多数に小アジ数尾とウマヅラ混 じった。低気圧通過の影響で、ウネリと白濁の為食い渋い上、棚ボケ多く大苦戦。写 真は、大和市の道上宗明氏。
2月19日
釣  果
19日は[フィッシングライター岡本氏と大ムツ〜大アラの夢リレーに挑戦しようVol.1]の予定でしたが、予報が悪かった為 3/27(日)に延期となりました。1名空きがでましたので、挑戦してみたい方はお早めにお電話を!
2月16 17日
釣  果
16日 午前船は、大ムツ狙いで仕立出船の予定だったが、予報が悪く前日中止と なった。
17日 午前船 乗合2人 イサキ狙い。 イサキ 20〜35cm 5〜9尾。他、中アジとオキメバル共多数混じった。低気圧通過の 影響で、白濁とウネリが残り食い渋かった。写真は、中野区の中田義男氏。
2月15日
釣  果
15日 午前船 乗合3人 イサキ狙い。 イサキ 18〜37cm 9-12-12尾(30cm未満1割)。他、中アジとオキメバル共多数に中サ バ混じった。朝のうち食い渋かったが、中盤から順調に食い、ハリス切れも数回あった。写真は、川崎市の島倉二千六氏。
2月13日
釣  果
13日 午前船  緑龍会定例会6人 オニカサゴ狙い。 > オニカサゴ 0.5〜1kg 船中3尾。他、0.2〜0.7kgのオキメバル3尾とノドグロカサゴ 1〜10尾にトラギス等混じった。写真は、小田原市の松浦誠人氏。
13日 午後船 乗合2人 マダイ狙い。 マダイ 0.5〜0.7kg 1枚ずつ。他、カイワリ混じった。反応のわりには、食い渋かっ た。写真は、小田原市の松浦誠人氏と横浜市の村山 剛氏。
2月12日
釣  果
12日 午前船 仕立3人 イサキ狙い。 イサキ 20〜35cm 4〜14尾。他、中アジとオキメバル共多数に中サバ混じった。イサ キは、30cmオーバー8割。写真は、川崎市の本間清衛氏。
2月11日
釣  果
11日 午前船 仕立2人 アラ&オニカサゴ狙い 形見れず!ノドグロカサゴ数尾入ったが、本命は不発。これといった原因はなく、 潮周りの関係か?写真は、世田谷区の神谷敏文氏と小田和雄氏。
2月09日
釣  果
9日 午前船 仕立5人 イサキ狙い。 イサキ 18〜35cm 5-9-11-12-12尾。他、オキメバル多数混じった。小イサキのリ リース多数。大型のバラシ6回あり。写真は、葛飾区の山本明弘氏。
2月06日
釣  果
6日午前船・乗合3人・大ムツ狙い。 大ムツは形見れず。キンメ 7〜8枚。前半バラムツ多く、終盤キンメが活発だった。写真は、府中市の吉田昌志氏・貝瀬芳樹氏・小田原市の松浦誠人氏
2月05日
釣  果
5日 午前船 仕立7人 イサキ狙い。 イサキ 18〜35cm 1〜10尾。他、オキメバル多数と小アジ混じった。ジャンボの水面 バラシ2回あり。写真は、横浜市の青山みつ久氏。
2月02日
釣  果
2日 午後船 船長の息子の練習釣り。 ホウボウ狙いで3時半に出船し、28〜41cmを2本とテンス1枚。雪と西風と寒さで4時半に帰港した。写真は、次男の吉徳。
1月31日
釣  果
31日 午前船 船長の試し釣り 大ムツの試し釣りに出船。ラス前の流しでらしき当たりはあったが、250m付近で針外 れし形見れず。全ての流しでキンメの当たりはあるものの、当たるとバラムツに盗ら れるの繰り返しだった。
1月30日
釣  果
30日 午前船は大ムツ狙いで出船予定だったが、5時半を過ぎても西の強風がやま ず出船を中止した。
1月29日
釣  果
29日 午前船 仕立4人 イサキ狙い。 イサキ 24〜31cm 2〜18尾。他、オキメバル数尾混じった。朝一番から食い好調だっ たが、小さめなのはリリースしたため(各々キャッチ数の倍前後)、数は伸びなかっ た。写真は、横浜市の上田利次氏。
29日 午後船 乗合3人 マダイ狙い。 マダイ 0.4〜1.7kg 0〜2枚(0は1人)。他、良型のイトヨリ混じった。写真は、横浜 市の柿崎茂久氏。
1月25日
釣  果
25日 午前船 仕立3人 マダイ狙い。 形見れず!魚影は濃かったが、棚が合わせられず大苦戦。カイワリ混じったのみ。 写真は、平塚市の貝瀬 功氏と小田原市の八重敏実氏と石川徳明氏。
1月23日
釣  果
23日 午前船 仕立2人 大ムツ狙い。 本命の大ムツは形見れず。キンメ3枚とシマガツオ5枚にノドグロカサゴとギンメダイ1尾ずつ。北東の強めな風と波と寒さで辛い釣行だった。写真は、小田原市の松浦誠人氏。
1月22日
釣  果
22日 午前船 仕立4人 イサキ狙い。 イサキ 19〜30cm 0〜9尾(0は1人)。朝のうちは好調だったが、後食い渋った。写真 は、府中市の貝瀬芳樹氏。
22日 午後船 仕立9人(貸竿5人) ホウボウ〜マダイのリレー狙い。 ホウボウ〜マダイのリレーで出船。30cm前後のホウボウを0〜2本。2時半からマダイ 狙いに転向したが形見れず。数名棚合わせられず大苦戦。写真は、大和市の登坂康一 氏。
1月21日
釣  果
21日 午前船 乗合1人 イサキ狙い。 イサキ 18〜30cm 11尾。他、イシダイ混じった。朝一番北西、後南西そして北と強め な風が吹き回し釣辛かった。写真は、杉並区の原島一郎氏。
1月20日
釣  果
20日 午前船 乗合1人 イサキ狙い。 イサキ 18〜32cm 15尾。9時頃から次第に南西の風が強くなり、後半釣辛かった。写 真は、志木市の松崎 勇氏。
1月16日
釣  果
16日 午前船 仕立4人 イサキ狙い。 緑龍会新年会の翌日プライベート編として出船。イサキ 20〜32cm 8〜15尾。他、小 アジとオキメバル混じった。天気予報が大外れで、風もなく暖かい凪陽気だった。写 真は、横浜市の松原裕治氏。
1月15日
釣  果
15日 午前船 仕立7人 緑龍会新年会 オニカサゴ・アラ狙いで7時半に出船し、オニカサゴ3尾と小アラ2本にノドグロ数尾混じった。北の強めな風と雨で非情に寒く、ほとんど釣りにならなかった。10時半沖上がり。
1月14日
釣  果
14日 午前船 乗合1人 マダイ&イサキ。 マダイ(2h)-イサキ(3h)のリレーで出船。 > マダイ 0.7〜1kg 2枚、イサキ 18〜31cm 24尾。他、800gのイシダイ1枚と小アジ混 じった。写真は、中野区の中田義男氏。
1月13日
釣  果
13日 午前船 乗合2人 マダイ狙い。 マダイ 0.6〜1kg 0〜3枚。 他、カイワリ混じった。昨日とは打って変わるベタ凪の釣り日和だった。写真は、府 中市の三岡 昇氏
1月12日
釣  果
12日 午前船 仕立4人 イサキ狙い。 西の強風の中、お客様の要望で定刻通りに出船しボイント迄行ったが潮煙を上げている状態で、とても釣りになるような状況でない為引き返した。
1月11日
釣  果
11日 午後船 仕立2人 マダイ狙い。 マダイ 1.2〜1.3kg 0〜2枚。他、カイワリ混じった。西の強風で釣辛かった。写真 は、南足柄市の府川行伸氏。
1月10日
釣  果
1月10日・成人の日 10日は、愛娘<藍>の成人式のため出船せずお休みとさせていただきました。
1月09日
釣  果
9日 午前船 仕立6人(貸竿1人) イサキ狙い イサキ 18〜28cm 3〜7尾。他、オキメバル多数混じった。大型の水面でのバラシ1回あり。写真は、茅ケ崎市の小川誠一氏。
1月08日
釣  果
8日 午前船 仕立5人 イサキ狙い。 イサキ 20〜29cm 4〜10尾。北よりの強めな風とシトシト雨、すぐ目の前の山は雪で寒さとの戦いだった。写真は、川崎市の安田裕史氏。
1月07日
釣  果
7日 午前船 船長の試し釣り マダイ〜イサキのリレーを試しに6時半に出船し、600gのマダイ1枚。7時15分からイ サキ狙いに転向し、21〜30cmを23尾。9時45分に沖上がりした。 今後、午前船のみ「マダイ&イサキのリレー」も受付できる見とおしになりました。
1月04日
釣  果
4日 午前船 仕立3人 ホウボウ狙い。 ホウボウ 27〜41cm 2〜6本。西の強風でポイント移動もままならない状況だった。写真は、千葉市の伊藤憲吾氏。
1月03日
釣  果
3日 午前船 乗合4人 イサキ狙い。 イサキ 20〜33cm 0-4-6-10尾。他、小アジ多数混じった。中盤から南西の風が強く大 苦戦。写真は、茅ケ崎市の三堀一成氏。
1月02日
釣  果
明けまして、おめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。写真は、2日午前船の日の出。
2日午前船・仕立2人・イサキ狙い。 イサキ 21〜40cm(994g) 15〜27尾。他、イシダイとカワハギ2枚ずつ混じった。食い好調だった。写真は、横浜市の石田 隆氏。
12月30日
釣  果
30日 午前船 乗合9人 イサキ狙い。 イサキ 20〜35cm 1〜11尾。他、イシダイとカワハギ混じった。中盤からカタクチイ ワシの大発生で苦戦した。写真は、湯河原町の増田 稔氏。
30日 午後船 乗合6人 マダイ狙い。 マダイ 0.4〜0.7kg 0〜3枚(0は1人)。他、1kgのイシダイ混じった。写真は、小田原 市の中島忠宏氏。
12月29日
釣  果
29日 午前船 乗合4人 イサキ狙い。 イサキ 20〜32cm 3〜9尾。他、イシダイ1枚と小アジ数尾混じった。朝から北よりの 強めな風と波に加えて冷たい雨のため、寒さで苦戦した。写真は、杉並区の草刈信夫 氏。
12月28日
釣  果
28日午前船は、イサキ狙いで出船予定だったが、寝坊でお客様見えず。マダイ狙いで600g前後を4枚。午後船は。2時出船で、3人で600g前後2枚。写真は、真鶴町の青木英一氏。
12月27日
釣  果
27日 午前船 乗合2人 イサキ狙い イサキ 23〜31cm 6〜20尾。他、ウスバハギ混じった。潮の流れ悪く、食い今一つ。写真は、中野区の中田義男氏。
12月26日
釣  果
26日 午前船 乗合1人 マダイ狙い。 形見れず!朝一番から小サバの猛攻。加えて南西の強風で釣りにならず、9時半で早 上がり。つい先日のリベンジで来船したが、あえなく返り討ちになってしまった。
12月25日
釣  果
25日 午前船 乗合4人 イサキ狙い。 イサキ 20〜32cm 7〜20尾。他、600gのイシダイ1枚とウスバハギ混じった。写真は、 横浜市の杉山 健・康子御夫妻。
25日 午後船 仕立9人(貸竿4人) マダイ五目 ホウボウ〜マダイのリレーで出船。32cm前後のホウボウ3本に500gのガンゾウとワニ ゴチ1尾ずつ。3時からマダイ狙いに転向し、マダイ 0.4〜1.4kg 0〜2枚。他、カイワ リ2枚混じった。写真は、世田谷区の木俣 章氏。
12月23日
釣  果
23日 午前船 乗合2人 イサキ狙い。 イサキ 20〜32cm 8〜15尾。他、ウスバハギ3枚と中アジ数尾混じった。写真は、大 和市の岡本隆一氏。
23日 午後船 乗合2人 マダイ狙い。 マダイ 0.7〜1kg 船中2枚。他、大ソーダ2本混じった。大型と中型のハリス切れ1回 ずつあり。後半、北東の強風と波で釣辛かった。写真(右)は、横浜市の石田隆氏。
12月22日
釣  果
22日 午前船 乗合4人 イサキ狙い。 イサキ 20〜34cm(571g) 7〜18尾。他、ウスバハギ2枚に中アジ数尾とオキメバルにカ ワハギ混じった。写真は、横浜市の進藤彰宏氏。
22日 午後船 乗合1人 マダイ狙い。 マダイ 700g前後 2枚。都合で14時に出船した。小サバ多く苦戦。写真は、小田原市 の内田氏。
12月19日
釣  果
19日 午前船 仕立5人 イサキ狙い。 イサキ 23〜37cm(777g) 7〜16尾。他、600gのイシダイ1枚とウスバハギ2枚、中アジ 多数にメバル数尾とカワハギ混じった。北東の強めな風と波で釣辛かった。写真は、 横浜市の柿崎茂久氏。
12月18日
釣  果
18日 午前船 仕立5人(貸竿2人) イサキ狙い。 イサキ 21〜33cm 0〜6尾。他、中 アジとオキメバル共多数にウルメ等混じった。写真は、江東区の木谷友亮氏。
12月17日
釣  果
17日午前船 乗合1人 イサキ狙い。 イサキ 23〜32cm(422g) 20尾。他、中アジ多数とカワハギ混じった。写真は、府中市の吉田昌志氏。
12月15日
釣  果
15日 午前船 乗合4人 イサキ狙い。 イサキ 30〜37cm(797g) 1〜7尾。他、イシダイ1枚にオキメバルと中アジ数尾ずつ混 じった。写真は、中野区の中田義男氏。
12月13日
釣  果
13日 午後船 乗合1人 マダイ狙い マダイ 0.6〜0.8kg 1枚ずつ。他、ヒラソーダ2本とカイワリ混じった。都合で2時〜5時。写真は、小田原市のA君。
12月11日
釣  果
12日 午前船 緑龍会6人+1人 イサキ狙い。 イサキ 22〜40cm(964g) 0〜6尾(0は1人、30cm以下は計4尾)。他、イシダイ1枚にウル メとソーダとオキメバル混じった。小サバとカワハギ船に邪魔されながらの釣行だっ た。写真は、横浜市の日吉 茂氏。
12月11日
釣  果
11日 午前船 仕立8人 イサキ狙い。 イサキ 31〜35cm(586g) 0〜2尾。他、500gのイシダイ1枚とカワハギにオキメバル多 数混じった。ウネリ高く食い渋かった。写真は、江東区の佐藤映仁氏と三郷市の飛騨野 博氏。
11日 午後船 仕立8人 マダイ狙い。 マダイは、形見れず。良型のバラシ1回あり。ウネリ大きく、食い渋った。イトヨリ とアマダイ1尾ずつ。写真(右)は、横須賀市の荒木氏と中村氏
12月08日
釣  果
8日 午前船 仕立5人 イサキ狙い。 イサキ 20〜41(976g) 0〜3尾。他、1kgのイシダイ1枚にウマヅラ、ソーダ数本とオ キメバル多数混じった。中盤以降潮の流れが止まり食いしぶかった。写真は、葛飾区 の山本明弘氏。
12月04日
釣  果
4日 午前船 仕立5人 イサキ狙い。 イサキ 21〜35cm(684g) 1〜8尾、イシダイ 600g 船中1枚。他、カワハギ1枚に中アジ数尾とヒラソーダ数本とオキメバル多数混じった。30cmオーバーの良型は9尾。写真は、府中市の近松 豪氏。
4日午後船と5日の午前船は、共に乗合出船の予定だったが予報があまりにも悪い 為出船を中止にした。
12月03日
釣  果
3日 午後船 船長の2人のマダイ釣りの練習。 マダイ狙いでpm3:00に出船し、1.5kgと1.7kgを1枚ずつ。写真は、長男・貴と次男・ 吉徳。
12月02日
釣  果
2日 午前船 仕立4人見送り1人 キンメ狙い。 緑龍会メンバーの一部有志による、スーさんの快気祝い&励ます会で特例出船(7:00〜 1:30)。 キンメ 25〜30cm 2〜9枚。他、ドンコ2尾にシマガツオ3枚とギンメダイ混じった。船 中空っぽの流しは1度もなかったが、今一つ数伸びなかった。写真は、緑龍会のスー さんこと茅ケ崎市の鈴木武夫氏。
2日 午後船 仕立2人 マダイ狙い。 マダイ 0.5〜1.5kg 1〜2枚。他、イトヨリ1〜2尾にカイワリとウルメ混じった。本来 午後出船の予定はなかったが、一度帰りかけた2人が急遽マダイ釣りがしたいと言い 出し、やむなく2時半に出船した。写真は、O市のM氏。
12月01日
釣  果
1日 午前船 仕立8人(貸竿5人) イサキ五目。 イサキ 18〜38cm(820g) 0〜2尾(ジャンボ級は3尾)。他、アカヤガラ2本と良型ヒラソーダ4本、カワハギとウスバハギ1枚ずつ、中アジとオキメバル多数混じった。写真は横浜市の織茂和憲氏。
1日 午後船 乗合2人 マダイ狙い。 マダイ 0.5〜1.4kg 0〜4枚(0は船酔い?)。他、イトヨリ2尾混じった。前半エサを取られる事もなくどうなる事かと思ったがまずまずの釣果だった。写真は、小田原市の吉澤敏明氏。
11月30日
釣  果
30日 午前船 船長の試し釣り イサキ〜キンメ〜イサキのリレーで出船したが、朝のうちは潮が速く釣りにならな かった。イシダイ1枚とキンメ6枚。10時すぎに北東の風が強くなり帰港した。
11月29日
釣  果
29日 午前船 乗合2人 イサキ狙い。 イサキ 30〜34cm(570g) 2人で4尾ずつ(500g以下は2尾)、イシダイ 400〜700g 1枚ず つ。他、オキメバル多数にカワハギとウスバハギ混じった。朝一食いよく、ジャンボ のハリス切れ4回あった。今シーズン中で最も反応良かったが、中盤中だるみで数伸 びなかった。写真は、中野区の相沢 久氏と中田義男氏。
11月28日
釣  果
28日 午前船 仕立2人 大ムツ狙い。 大ムツは、形見れず。キンメ数枚ずつにノドグロカサゴとドンコ混じった。岩沖の大 ムツボイントは、バラムツの猛攻で釣りにならず大苦戦。写真は、小田原市の松浦誠 人氏と真鶴町の播磨幸一氏。
28日 午後船 仕立8人 マダイ狙い。 本命は、形見れず。イトヨリ2尾にアカヤガラ1本、ソーダと中サバ数本ずつ。反応の 割には食い渋かった。写真は、文京区の福崎正紀氏。
11月26日
釣  果
26日 午前船 船長の試し釣り マダイの試し釣りに出船し(6:30〜10:30)、3kgのワラサ1本と大サバ3本。中小サバの猛攻で本命は、形見れず。
11月22日
釣  果
23日 午前船 仕立5人 イサキ狙い。 イサキ 20cm前後 0〜4尾、イシダイ 1.1kg 船中1枚。他、ウルメ数尾に中アジとオキ メバル共多数混じった。小サバの猛攻に加え一時期マルソーダも加わり大苦戦。写真は、茅ケ崎市の角野哲也氏。
23日 午後船 乗合1人+1人 マダイ狙い。 マダイ 400g 1枚。他、イトヨリ1尾とカイワリ2枚に大中小サバ多数混じった。1kg 級マダイのタモ入直前のバラシあり。サバの猛攻だった。写真は、YOSHI
11月22日
釣  果
22日 午前船 船長の試し釣り マダイ 400〜800g 3枚。他、大中サバとヒラソーダ数本ずつ混じった。小サバ多く疲 れた。
11月21日
釣  果
21日 午前船 仕立5人(貸竿4人) コマセ五目。 朝一マダイを狙ったが、小サバ の猛攻で形見れず。1時間半後イシダイ狙いに転向したが不発、小サバの多い中ウス バハギ1枚とオキメバル多数。通して、ほとんど潮が動かなかった。写真は、横浜市 の涌井広尚氏御一行様。
11月20日
釣  果
20日 午前船 仕立4人 イサキ狙い。 イシダイ 500g 船中1枚(バラシあり)。他、600gのメジナ1枚とウルメ数尾にオキメ バル多数混じった。本命のイサキは、形見れず。小サバ多く苦戦。写真は、横浜市の 石田 隆氏と川崎市の本間清衛氏。
20日 午後船 仕立4人 マダイ五目 マダイ 0.4〜2.1kg 0〜2枚。他、オキメバル多数混じった。初めの1時間イシダイを 狙ったが不発。潮流れず反応のわりに食い渋かった。写真は、(埼)上福岡市の中山 昭氏。
11月17日
釣  果
17日 午前船 仕立5人 キアジ、イサキのリレーイサキ 21〜35cm(500g) 0〜2 尾、イシダイ 0.5〜0.9kg 0〜1枚。他、カワハギ3枚とウマヅラ1枚、中アジ数尾にオ キメバルとウルメ共多数混じった。朝1時間キアジを狙ったが不発。通して、小サバ 多かった。写真は、葛飾区の山本明弘氏と相沢 久氏
11月16日
釣  果
16日 午前船 仕立5人 イサキ五目。 メジマグロ 3.7kg 船中1本。ハリス切れ、バラシあり。朝一イサキを狙ったが、ウル メと小サバの猛攻で形見れず。1時間半でメジ狙いに転向、ラスト30分マダイ狙いで 沖上がりした。写真は、豊島区の田島 憲氏。
11月14日
釣  果
14日 午前船 緑龍会 7人 キアジ、イサキのリレー。 キアジ 20〜33cm 6〜10尾(30cm前後が8割)。他、メバル3尾にヒラソーダ1本とウルメ 多数混じった。中盤からイサキを狙ったが、小サバに邪魔され小イサキ数尾のみで良 型は不発。写真は、横須賀市の菊地克彦氏。
14日 午後船 乗合2人 マダイ狙い。 マダイは、形見れず。前半小サバの猛攻で苦戦、後は潮の流れ悪くなり食い渋っ た。イトヨリのみ。写真は、湯河原町の松田啓二氏。
11月13日
釣  果
13日 午前船 乗合1人 イサキ狙い。 イサキ 39cm(800g) 1尾。他、アカヤガラ1本と中4尾、ヒラソーダ1本とウルメ多数 混じった。本来、イサキ狙いで仕立出船する予定だったがキャンセルになってしまっ た為、急遽乗合で出船した。写真は、小田原市の松浦誠人氏。
11月10日
釣  果
10日 午後船 仕立1人 カワハギ狙い。 カワハギ 20〜26cm 14枚。開始30分とラスト30分は食い活発だったが、中盤食い渋く 数伸びなかった。写真は、足柄下郡のA氏。
11月7日
釣  果
7日 午前船 仕立5人 マダイ五目。 マダイ 22〜28cm 1〜4枚(計10枚)。他、カイワリ混じった。1時間でカツオに転向 し、4発ヒットし3.5kgが船中1本、大中サバ多数混じった。写真は、世田谷区の大西 明弘氏。
11月6日
釣  果
6日 午前船 仕立7人 イサキ狙い。 ジャンボイサキ狙いで出船したが、小イサキ数尾とウルメ多数で本命形見れず。8時 頃から根付きの大アジ・大サバ狙いに転向したが、小サバの猛攻でシキシマハナダイ 2尾とソーダ3本だけで釣りにならず。9時頃からマダイ狙いに再転向し、21〜28cmの マダイが船中4枚に中サバ混じった。写真は、文京区の中村洋基氏と望月かおりさ ん。
11月5日
釣  果
5日 午前船 仕立4人(初心者2人) カワハギ狙い。 カワハギ 15〜26cm 2〜24枚(1桁は1人船酔い)。他、シマダイ2枚とテンス混じっ た。ボチボチの食いだったが、スッポヌケ多かった。写真は、都留市の渡辺達也氏、 渡辺俊和氏、滝口剛央氏、森脇隆光氏。
11月3日
釣  果
3日 午前船 仕立 カワハギ狙い。 カワハギ 20〜27cm 1〜12枚(1は1人、12は2人)。他、カイワリ3枚とカサゴ2尾混 じった。ピークがなく、通してボツリボツリの食いだった。写真は、長津田の山崎 勉氏。
11月2日
釣  果
2日 午前船 仕立13+1人 コマセ五目。 マダイ 25cm前後 2枚、イラ 2kg 1枚。他、カワハギ1枚と小イサキ2尾、オキメバル とソーダ数尾ずつにウルメと中小サバ共多数混じった。7時出船の予定だったが、東 名の事故渋滞で遅れ9時40分に出船し12時半に沖上がり、浜のバーベキューに転向し た。 写真(右が左舷、左が右舷)は、練馬区の久我真朗氏御一行様。
11月1日
釣  果
1日 午前船 乗合2人 キアジ(30分)〜イサキのリレー。キアジ 30cm前後 2尾ずつ。後イサキに転向したが、良型は形見れず。オキメバル とウルメ共多数に小アジと大サバ数尾ずつ混じった。5時45分の出船予定だったが、 どしゃ降りの雨と雷の為6時に出船した。ウネリと小サバと濁りで苦戦。写真は、中 野区の中田義男氏。
10月31日
釣  果
31日 午前船 仕立6人 カワハギ狙い。 カワハギ 18〜24cm 2〜23(計54枚、2は船酔い)。他、シマダイ5枚とカイワリ2枚混 じった。北東の強風と波、加えて雨と南東の大ウネリで海況悪く辛い釣行だった。写 真は、松田町の内藤 明氏と今野明生氏。 将光氏
31日 午後船 仕立5人(全貸竿) コマセ五目。 マダイ 23〜27cm 0〜5枚(計8枚)、ヒラソーダ 0.6〜1.5kg 船中22本。他、カイワリ2 枚とウマヅラ混じった。南東のウネリ高く、釣り辛かった。写真は、ブリヂストンの 伊藤氏、上野氏、近藤氏、鈴木氏、中川氏。
10月30日
釣  果
30日 午前船 仕立6人 イサキ狙い。 イサキ 18〜23cm 0〜1尾。他、15〜24cmのマアジとオキメバル共数尾ずつにウルメと 中サバ共多数混じった。良型イサキ不発。北東の強風と波で釣り辛い上、小サバとウ ルメの猛攻で大苦戦。写真は、比企郡の平川良春氏。
30日 午後船 仕立5人 コマセ五目。 カイワリ 0〜2枚、ウルメと大中サバ共多数。北東の強めな風と波で釣り難い上、本 降りの雨と寒さで3時半で早上がり。写真は、稲敷郡の飯島将光氏
10月28日
釣  果
28日 午前船 乗合2人 マダイ五目。 マダイ 400g前後 1枚ずつ。他、イトヨリ1尾に小アジとウルメ数尾ずつと中サバ多数 混じった。途中30分イサキを狙ってみたが、小サバの猛攻で良型形見れず。通してサ バ多く苦戦。都留市の渡辺達也氏(右)と上杉 学氏。
10月24日
釣  果
24日 午前船 緑龍会5人 イサキ、カワハギのリレー。 朝1時間イサキを狙い、小イサキ 0〜2尾にウルメ多数と中アジ数尾混じった。小サ バ多く、釣果上がらず。後カワハギに転向し、20〜24cmを0〜8枚(0は船酔い)。北東 の強風と波で釣り辛かった。写真(左)は、緑龍会の皆勤・精勤メンバー5人集。
24日 午後船 仕立3人 カワハギ狙い。 カワハギ 20〜26cm 2-9-11枚。他、ウマヅラとカイワリ混じった。食い浅く、中層 での針外れ多かった。写真(右)は、厚木市の下間 崇氏。
10月23日
釣  果
23日 午前船 仕立6人 イサキ狙い。 イサキの試し釣り一本で出船したが、小サバの猛攻で良型は形見れず。小イサキが 0〜3尾に大ソーダ3本、ウルメと中サバ共多数に小アジ数尾混じった。写真は、横浜市の石田さんグループ。
23日 午後船 仕立7人( 貸竿3人) マダイ五目 マダイ 500g前後 0〜3枚(計8枚)。他、大・中サバとウルメ共多数にカイワリ数枚と ヒラソーダ2本混じった。サバの猛攻で大苦戦。写真(右)は、世田谷区の木俣 章氏。
10月17日
釣  果
17日 午前船 仕立6人(貸竿5人) マダイ五目。 マダイ 0.3〜1kg 1〜3枚。他、大中サバとウルメ共多数にカイワリとアマダイとア カヤガラ混じった。北東の強風で海況悪く釣り辛い上サバの猛攻に会いながらの釣 果。写真は、相模原市の伊野桂一郎氏と町田市の江面義弘氏。
10月16日
釣  果
16日 午前船 仕立6人 マダイ五目 マダイ 400g前後 2枚。他、大中サバとウルメ共多数、カイワリ数枚にアカヤガラ2本 とカンコにイトヨリ混じった。何処のポイントもサバの猛攻だった。写真は、横浜市 の青山氏と鎌倉市の小助川氏と川崎市の海老名氏。
10月15日
釣  果
15日 午前船 仕立2人 キアジ、コマセ五目のリレー。 キアジ 30cm前後 0〜2尾、マアジ 23〜32cm 0〜4尾。他、小イサキとウルメ数尾ずつ にオキメバル多数と大中サバ多数混じった。朝1時間キアジをねらったが、小サバの 猛攻で数伸びなかった。イサキの試し釣りに転向したが、サバで釣りにならなかっ た。ラスト2時間、小サバをかわしながら大サバ・大アジを狙った。写真は、中野区 の中田義男氏。
10月14日
釣  果
14日 午後船 仕立5人 カワハギ狙い。 カワハギ 20〜28cm 3〜17枚(計51枚)。他、カイワリ3枚と中サバ2本混じった。濁り ひどく、3時すぎまで船中1枚だったが後半盛り返した。写真は、寒川町の吉原恭子さ んと茅ヶ崎市の秦野 渉氏。
10月13日
釣  果
13日午後船、仕立2人、カワハギ狙い。 カワハギ 22〜26cm 2〜4枚。他、カサゴ2尾にカイワリと中サバ混じった。台風通過の影響で、濁りひどく大苦戦。写真は、真鶴の高橋 衛氏。
10月11日
釣  果
11日 午前船 乗合1人 キアジ、マダイのリレー。 朝1時間キアジを狙い 20cm前 後 6尾。後マダイに転向し、マダイ 400g 1枚に大アジと大中サバ多数混じった。本 来カワハギ狙いで仕立出船の予定だったが、台風の影響でキャンセルになった為乗合 出船した。写真は、小田原市の松浦誠人氏。
10月9日
釣  果
9日午前・午後船共マダイ五目で出船予定だったが、台風避難の為中止にした。 写真は7日の模様
10月7日
釣  果
7日 午前船 仕立4人 キアジ・コマセ五目のりれー。 キアジ 18〜30cm 5〜21尾(小サイズは2割)にクロメバルとカイワリ混じった。7時間 からコマセ五目(イナダ狙い2人、マダイ1人、イサキ狙い1人)に転向し、ウルメ多数 と大中サバ多数にヒラソーダ混じった。通して小サバの猛攻で苦戦した。写真は、杉 並区の濱田 洋氏。
10月3日
釣  果
4日・5日の両日共、マダイ五目で出船予定だったが北東の強風と本降りの雨の為出船を中止した。 写真は10月3日の模様
10月3日
釣  果
3日 午前船 仕立5人 マダイ、カワハギのリレー。 マダイ 800g 船中1枚、カワハギ 20〜27cm 5〜13枚にウスバハギ混じった。タイ-カ ワハギのリレーで出船、サバの猛攻で大苦戦した。2時間後転向し、カワハギは順調 な食いだったが朝からの雨が本降りになりお客さんの希望で早上がりした。写真は、 山北町の武井君夫氏。
10月2日
釣  果
2日 午前・午後通し船 仕立2人 大ムツの試し釣り。 クロムツ 2.5kg 1本。他、2.5kgのアコウ1尾とキンメ1枚にノドグロ2尾混じった。 フィッシングライター岡本氏が、大ムツの試し釣りに父上と2人で乗船した。前半 は、バラムツの猛攻で大苦戦した。写真は、岡本明之輔氏
9月26日
釣  果
26日午前船・仕立5人・マダイ五目。マダイ 0.3〜1kg 0〜5枚(計9枚)。他、カイワリとイトヨリと大アジ数尾ずつに中サバ多数混じった。北東の強めな風と波で釣り辛い上、サバの猛攻で苦戦した。写真は、東京の田中誠氏
9月25日
釣  果
25日午前船・仕立5人(貸竿4人)・マダイ五目。マダイ 22〜28cm 0〜5枚(計8枚)。他、中サバ多数にカイワリとイトヨリ混じった。小サバの猛攻で苦戦。写真は、林江美さん、関本美代さん、芹沢寿絵さん。
9月21日
釣  果
21日 午前船 仕立4人(貸竿3人) コマセ五目。 大中小サバ多数と23cm前後の小ダイ2枚。南西の強風で釣り辛かった。写真は、二宮 町の善波氏、小平氏、中間氏、杉山氏。
9月20日
釣  果
20日 午前船 仕立6人 カワハギ狙い。 カワハギ 20〜28cm 1〜20枚(船中57枚)。他、カサゴ混じった。1は、途中ダウンして た者。朝から本降りの雨で、辛い釣行だった。写真は、深谷市の山田邦彦氏。
9月19日
釣  果
19日 午前船 仕立3人 コマセ五目。 小ダイ1枚とヒラソーダ1本。朝から南西の強風で思うような釣りが出来ない上、何 処も小サバの猛攻でお手上げ状態だった。写真(左)は、世田谷区の古屋氏、谷口 氏、中條氏。
午後船 仕立6人 カサゴ狙い。 カサゴ 15〜28cm 3〜17尾(船中42尾)。時期はずれで水温も高い為、ベラ等の猛 攻で苦戦する事が予想されたが、南西の強風の悪条件下にしては良型が多く上々の釣 果。写真(右)は、蒲田の吉田重雄氏。
9月18日
釣  果
18日 午前船 仕立10人(貸竿8人) マダイ五目。 マダイ 0.3〜0.7kg 船中10 枚。他、カイワリ2枚とカワハギ混じった。終盤、根付きの大サバ狙いに転向し、大 中サバがボチボチの食いにシキシマハナダイとオキメバル混じった。ラスト30分にメ ジが回ったため30分延長して狙い、0.8〜2kgを船中4本にヒラソーダ混じった。通し て小サバ多く苦戦を強いられた。写真は、東大和市の小町哲也氏御一行様。
9月17日
釣  果
17日 午前船 仕立3人 キアジ(1h)-イナダ(3h)-大サバ(1h)のリレー。 キアジは、30cm前後が船中2尾。イナダは、2〜5本に小ダイ2枚混じった。根付きの大 サバは、不発。どの釣りも小サバの猛攻で苦戦を強いられた。中盤イナダの食いが活 発になったがバラシも多く、また食いがたっている最中にお客さんの希望で泣く泣く 大サバ狙いに転向したため、数伸びなかった。写真は、中野区の中田義男氏。
9月15日
釣  果
15日 午前船 乗合4人 マダイ五目。 朝1時間浅場のキアジを狙い、30cm前後が1〜6尾にカイワリ混じった。後マダイ狙い に転向し、22〜30cmを1〜6枚にイナダ1本とヒラソーダ2本、カイワリ3尾とイトヨリ4 本混じった。ラスト30分根付きの大サバを狙い、大中サバが1〜2本。北東の強めな風 と波で釣り辛い上、どの釣りも小サバ多く苦戦した。写真は、横浜市の進藤彰宏氏。
9月14日
釣  果
14日 午前船 仕立5人(全貸竿) コマセ五目。 マダイ 21〜28cm 1〜3枚。他、カイワリ2枚にウルメ数尾混じった。残り1時間大サ バ狙いに転向し、大中サバ多数にシキシマハナダイ数尾混じった。通して小サバ多く 苦戦した。写真は、大宮の多田清一氏。
9月13日
釣  果
13日 午後船 仕立6人 アマダイ五目。 隣船のチャーター船で出船(pm2;00〜5;30)し、33〜38cmのアマダイ船中3尾。他、 21〜25cmの小ダイ4枚に中小サバ多数とヒメコダイ多数、シロギスとトラギス等多数 混じった。南西の風強く釣り辛かった。 写真は、中野区の當麻真彦氏。
9月12日
釣  果
12日 午前船  緑龍会(月例会)7+1人 カツオ〜大サバ狙い。 カツオは、相模湾中央付近まで捜したが形見れず。中盤から大サバ狙いに転向し、大 サバを1〜2本。他、大アジにオキメバル等多数混じった。写真は、茅ケ崎市の白岩照 司氏
9月11日
釣  果
11日 午前船 仕立10人(貸竿9人) コマセ五目マダイ 0.3〜1.4kg 船中8枚。 他、カイワリ、イトヨリ、オキメバル、シキシマハナダイ、ウルメ、大アジ各数尾ず と大・中サバ多数混じった。写真は、横浜市の石田隆氏。
9月 5日
釣  果
5日 午前船 仕立5人 コマセ五目。 マダイ 22〜25cm 船中3枚。小サバの猛攻で釣りにならず根付きの大サバ狙いに転向 し、大中サバ多数に大アジとシキシマハナダイ混じってクーラー満タン。うっかり写 真を撮るのを忘れてしまいました。西東京市の伊藤氏御一行様。
9月 4日
釣  果
4日 午前船 仕立5人(貸竿1人) マダイ五目。 マダイ 23〜27cm 0〜2枚。他、18〜32cmのイトヨリ3尾に25cmのカワハギと小ムツ、 ウルメ数尾と小イサキ等混じった。小サバの猛攻で、大苦戦。終盤根付きの大サバ狙 いに転向し、kgオーバー混じりで船中10本。写真は、さいたま市の谷本昭雄氏。
8月28、29日
釣  果
28,29日は、台風16号の避難の為出船を中止した。写真は22日の模様
8月22日
釣  果
22日 午前船 仕立2人 カツオ狙い。 形見れず。相模湾の真ん中から三つ石前まで走り回ったが、当たらず。30cm位の小 カツオの顔は見たが、後に大サバ狙いに転向した。写真は、小田原市の松浦誠人氏と 葛飾区の鈴木武司氏
8月17日
釣  果
17日 午前船 仕立2人 コマセ五目。 キアジ 25〜30cm 船中5尾。27cmのカワハギ混じった。6時半から大サバ狙いに転向 し、マサバ混じりでクーラー満タン。他、大アジ1尾に沖メバルとシキシマハナダイ 数尾ずつ混じった。写真は、熱海市の石井文明氏。
8月14日
釣  果
14日 午前船 乗合1人 大サバ狙い。 35〜43cmの大サバ多数でクーラー満タン(マサバは1/3)。他、オキメバル等混じっ た。終盤マダイの試し釣りに転向し、400gを1枚。写真は、小田原市の松浦誠人氏。
8月11日
釣  果
11日 午前船 乗合2人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 700g 船中1枚、マゴチ 53cm 船中1本。他、マルイカ1杯ずつ混じった。歯型 付きとスッポヌケあり。写真は、横浜市の進藤彰宏氏。
8月8日
釣  果
8日 午前船 緑龍会5人 コマセ五目。 キアジ 28〜35cm 2〜8尾。他、大中サバ多数とコアジ数尾、カワハギとメバル数尾 ずつ、ソーダガツオ等混じった。カマスを狙ったが形見る前に大アジの群にアタリ朝 のうち好調だった。写真は、小田原市の松浦誠人氏。
8月5日
釣  果
5日 午前船 仕立6人 シロギス&ヒラメ狙い。 シロギスは、20〜28cmがポツリポツリの食いに良型カワハギ混じった。ヒラメは、並 行で2人狙ったが歯型付きとスッポヌケは数回あったが形見れず。台風11号の影響で ウネリ高く食い渋った。写真は八王子の飯田千景さん
8月3日
釣  果
3日 午前船 仕立4人 コマセ五目+マルイカ狙い。 キアジ 10〜32cm 0〜7尾(0は1人)。他、大中サバ数本ずつにクロメバル数尾とアカ イサキ、シキシマハナダイとオキメバル数尾ずつ、子イサキ多数混じった。途中1時 間マルイカを狙ったが不発。写真は、北相馬郡の千葉信一郎氏
8月1日
釣  果
1日午前船・仕立4人(貸竿3人) ヒラメ、キスのリレー。 > 朝1時間ヒラメを狙ったが、歯型付きはあったものの形見れず。後にキス狙いに転 向した。キスは、メゴチ混じりでボツリボツリと今一つの食いだった。写真は、船長 の恩師・八王子市の長谷川俊幸先生御一行様。
7月28日
釣  果
28日午前船は、ヒラメ。29日午前船は、アジ五目で出船予定だったが、中止した。
7月25日
釣  果
25日 午前船 仕立3人 ヒラメ、マルイカ狙い。 ヒラメ 400g前後 0〜2枚。他、23〜30cmのマルイカ 7〜11杯混じった。歯型付き数 回あり。マルイカは並行の2本出しで狙い、終盤乗り活発。写真は、小田原市の松浦 誠人氏。
7月24日
釣  果
24日、午前船 仕立5人 カサゴ狙い。 カサゴ 20〜27cm 4〜11尾。他、アナゴ混じった。前半潮動かず食い渋く、後半猛暑 で苦戦した。写真は、大田区の佐々木恵美子さん。
24日 午後船 仕立5人(全貸竿) ヒラメ狙い。 ヒラメ 800g 船中1枚。他、30cmのマルイカ混じった。歯型付き数回あり。マルイカ は、活イワシエサに乗っかってきた物。写真は、世田谷区の伊集院宏祐氏。
7月23日
釣  果
23日午前船・仕立2人・コマセ五目。 中サバとオキメバル共多数に小アジとカマス、カサゴとハチビキ、小ダイとカワハギ混じった。写真は、三鷹市の掛橋氏と新山氏。
7月19日
釣  果
19日午後船 乗合1人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 500g前後 2枚、マゴチ 48cm 1本。他、マルイカ11杯とホウボウ1本混じった。スッポヌケと歯型付き数回ずつあり。イカは並行2本出し。写真は、小田原市の松浦誠人氏。
7月18日
釣  果
18日 午前船 仕立8人 ヒラメ、キスのリレー。 朝1時間ヒラメを狙い、後はシロギス中心にマルイカとヒラメを狙った。ホウボウ 500g 1本、マルイカ1杯。シロギスは、ボツリボツリの食いに良型カワハギ6枚混じっ た。写真は、世田谷区の古屋英明氏御一行様。
7月17日
釣  果
17日午前船 仕立6人 シロギス4人(全貸竿)、ヒラメ&マルイカの並行2人 シロギスは、20〜27cmがぼちぼちの食いに、23〜26cmのカワハギ数枚混じった。 他、マルイカ2杯に小ワニゴチと小鯛混じった。ヒラメは、スッポヌケと歯型つきは 数回ずつあったが形見れず。写真は、粥川氏・明神氏・岡田氏・魚住氏。
7月14日
釣  果
14日 午前船 乗合2人 ヒラメ狙い。 ヒラメ  0.4〜0.7kg 船中3枚、マゴチ 42〜47cm 船中2本。他、48cmのワニゴチ1 本と25〜28cmのマルイカ9杯、カサゴ2尾とクロメバル混じった。歯型つき数回あった が、アタリはいつもに比べて少なかった。マルイカは、並行の2本出し。写真は、横 浜市の田辺真司氏。
7月11
釣  果
11日 午前船 緑龍会6人 ヒラメ五目。 ヒラメ 0.4〜0.8kg 船中3枚、ワニゴチ 38〜45cm 船中2本、ホウボウ 500g前後  船中2本、マルイカ 18〜28cm 1〜10杯(計21杯/4人)。他、23〜29cmのクロメバル6尾に21〜28cmのカサ ゴ5尾とシロギス2〜17尾、カワハギ1枚混じった。マルイカは、並行の2本出しかヒラ メと両刀狙い仕掛け。後半暑さで辛かった。写真は、茅ヶ崎市の鈴木武夫氏。 
7月10日
釣  果
10日 午前船 仕立4人 カサゴ狙い。 カサゴ 20〜27cm 6〜13尾。他、23〜28cmのクロメバル 0〜1尾混じった。ほとん ど潮の流れなく、数伸びなかった。写真は、白井市の大屋博道氏。
10日 午後船 仕立4人 カサゴ、ヒラメ&マルイカのリレー。 カサゴ 20〜27cm 1〜3尾、クロメバル 28cm 1尾、ヒラメ 0.4〜0.9kg 0〜2 枚、マゴチ 40〜48cm 0〜2本、マルイカ 20〜35cm 船中6杯。カサゴ狙いは、1時 間サバの切り身エサで。マルイカは2人、並行の2本だしで1時間。ヒラメは、水面で のバラシ1回とスッポヌケと歯型つき数回ずつ、夕マヅメにアタリ集中した。ピーカ ン照りとどしゃ降りがたびたび交互にやってくる辛い釣行だった。写真は、平塚市の 石田 伸氏と神奈川区の佐藤誠一氏。
7月4日
釣  果
4日 午前船 仕立5人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 400g 船中1枚、ワニゴチ 30〜48cm 船中2本。他、1人並行2本だしで25cm のマルイカ1杯混じった。シケ後で、スッポヌケ2回と歯型つき数回あったが全般的に アタリ少なく苦戦した。写真は、横浜市の石田 隆氏。
6月30日
釣  果
30日 午前船 乗合2人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 500g前後 船中2枚、マルイカ 22〜27cm 8〜42杯。スッポヌケ数回あっ た。6時半から、並行2本出しでマルイカを狙い乗り活発だったが、本降りの雨に加え 至近距離に落雷があり8時で早上がりした。写真は、雨がひどく人物入りの写真が撮 れなかった。
6月29日
釣  果
29日 午前船 仕立4人(貸竿1人) ヒラメ狙い。 ヒラメ(含ガンゾウ) 0.4〜0.6kg 船中3枚。他、23〜26cmのマルイカ 7杯とカサ ゴ混じった。スッポヌケと歯型つきは、数回ずつあった。マルイカは、途中2時間程 度1人だけ並行の2本だしでの釣果。写真は、新宿区の浅野佳信氏と嶋岡靖浩氏。 
6月27日
釣  果
27日 午前船 仕立5人 ヒラメ五目。 ヒラメ 600g前後 船中3枚、マゴチ 41cm 船中1本、マルイカ 20〜24cm 5〜11 杯、クロメバル 0.3〜0.7kg 船中7尾。他、カサゴ2尾にシロギス13尾とカワハギ1 枚混じった。4時半に出船したが、いつもよりアタリが少なめでスッポヌケ数回あっ たがヒラメの数伸びなかった。6時半頃から並行2本だしで、マルイカの乗り活発だっ たが身切れ多かった。写真は、小田原市の松浦誠人氏。
6月26日
釣  果
26日 午前船 仕立2人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 0.3〜0.7kg 1〜3枚。他、500gのガンゾウビラメ1枚と20〜25cmのマルイカ 1〜5杯混じった。朝一アタリ多くスッポヌケと歯型つきも数回ずつあった。途中から 希望で、マルイカの泳がせで大ハタ狙いを試みたが不発!写真は、川口市の小田和雄 氏(左)と神谷敏文氏。
26日 午後船 乗合2人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 600g前後 1枚ずつ。他、カサゴ混じった。南西の強風で釣り辛かったが、 夕マヅメの5時〜6時の間はアタリが集中した。歯型つきとスッポヌケ数回ずつあり。 写真は、平塚市の石田 伸氏と横浜市の藤生由里香さん。
6月19日
釣  果
19日 午前船 仕立8人 カサゴ狙い。 カサゴ 20〜28cm 2〜8尾(船中48尾)。他、23〜29cmのクロメバル8尾に600gのヒ ラメ1枚と中アジ9尾混じった。前半ほとんど潮動かず食い渋った。写真は、海老名市 の安藤清司氏とM氏。
6月18日
釣  果
18日 午前船 乗合1人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 0.4〜1.2kg 6枚、マゴチ 40cm 1本。他、マルイカ2杯混じった。朝 から通して頻繁にアタリあり、スッポヌケと歯型つきも数回ずつあった。写真は、多摩市の相沢祐治氏。
6月16日
釣  果
16日 午前船 乗合2人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 500g前後 1〜2枚、マゴチ 60cm(2kg) 船中1本。他、23〜26cmのクロメバ ル 1〜5尾と24cm前後のカサゴ3尾にホウボウ混じった。歯型つきとスッポヌケ数回 ずつあり。写真は、横浜市の田辺真司氏。
6月14日
釣  果
14日 午前船 仕立8人(貸竿3人) ヒラメ(1.5h)・カサゴのリレー(ヒラメは活 イワシ、カサゴはサバの切り身エサ)。 ヒラメ 0.3〜0.5kg 船中3枚(スッポヌケと歯型つき数回ずつあり) カサゴ 20〜29cm 船中27尾。他、19〜24cmのクロメバル4尾と24cmのカワハギ1枚混 じった。カサゴ狙い時、カワハギを狙っている者がいたりオキアミエサでやっている 者がいたりで数伸びなかった。写真は、横浜市の磯部和宏氏、石毛千歳さん、浅野裕 美さん。
6月13日
釣  果
13日 午前船 緑龍会5人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 400g前後 船中2枚、マゴチ 48cm 船中1本。他、60cm前後のワニゴチ2本 と500g前後のホウボウ2本、28〜32cmのマルイカ4杯と24cm前後のカサゴ3尾・クロメ バル1尾混じった。一部並行でキスを狙い22〜27cmが2〜9尾と24cm前後のカワハギ2 枚。朝から北東の強めな風と波と雨で釣り辛かった。写真は、東大和市の田中 誠氏 (左)と横浜市の日吉 茂氏。
6月12日
釣  果
12日 午前船 仕立 ヒラメ狙い。 ヒラメ 0.5〜1.2kg 0〜3枚(船中4枚)。他、1kgのマダコ1尾と30〜61cmのワニゴ チ4本、アナゴ1本混じった。魚の活性高く、アタリ頻繁だった。(水面でのハリス切 れ1回、スッポヌケと歯型つき多数あり)写真は、横浜市の石田 隆氏。
12日 午後船 仕立5人(貸竿4人) カサゴ狙い。 カサゴ 20〜29cm 6〜13尾。他、24〜27cmのクロメバル 0〜2尾混じった。南西の 風がやや強く流し辛かったが、食いは順調だった。写真は、上福岡市の伊藤幸典氏。
6月6日
釣  果
6日 午前船 仕立6人(全貸竿) カサゴ狙い。 カサゴ 21〜28cm 2〜12尾(2はダウン者、船中47尾)。他、22〜24cmのクロメバル 数尾混じった。朝一から本降りの雨で辛い釣行で、ずぶぬれと寒さの為8時半で早上 がり。写真は、座間市の雫石靖夫氏。
6月5日
釣  果
5日 午前船 仕立8人 カサゴ狙い。 カサゴ 20〜28cm 6〜17尾(船中92尾)。他、23cm前後のクロメバル数尾混じっ た。良型を中心に順調な食いだった。写真は、阿見町の飯島将光氏。 午後船 仕立3人 アラ・アコウ・アラのリレー狙い。 どれも不発! 干潮時間の都合により10時半〜5時半の釣行。サメの猛攻で大苦戦。 ギンメとノドグロとドンコ各1尾ずつとチョウタ数尾あがったのみ。
6月4日
釣  果
4日 午前船 乗合1人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 0.3〜0.8kg 1枚ずつ、マゴチ 1.1kg 1本。他、600gのホウボウ1本とワ ニゴチ混じった。小さい物はリリースした。朝からウネリ高く、苦戦が予想されたが アタリ多かった。写真は、多摩市の相沢祐治氏。
6月2日
釣  果
2日 午前船 乗合2人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 0.3〜1kg 2人で2枚ずつ。他、600g前後のクロメバル2尾、25〜29cmのカサ ゴ4尾、600gのマダコ1尾まじった。潮位の都合により4時20分に出船し、9時で沖上が り。5時頃まで、活性高くアタリ頻発だった。写真は、横浜市の進藤彰宏氏(左)と 田辺真司氏
5月28日
釣  果
28日 1日通し船・午前の部(5時〜10時) 仕立4人(全貸竿) ヒラメ狙い。 ヒラメ 0.3〜0.7kg 船中2枚、マゴチ 33cm 船中1本。他、600gのクロメバル1尾 とカサゴ混じった。前半はアタリ多く歯がたつきとスッポヌケ多かったが、後半は食 い渋かった。写真(左)は、調布市の山守康弘氏。 
28日 1日通し船・午後の部(1時〜6時)。 ホウボウ 600g 船中1本。他、クロメバル 0.3〜0.7kg 1〜2尾(船中7尾)とカサ ゴ2尾混じった。アタリ多く歯がたつきとスッポヌケ多数あったが、午前中とは打っ て変わり南の風強く釣り難かった。お客さんの希望により4時半で沖上がりした。写 真は、山守氏、渡辺氏、柴田氏、秋葉氏とジャンボメバル。
5月23日
釣  果
23日 午前船 乗合2人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 0.3〜0.5kg 1枚ずつ。他、クロメバル2尾とカサゴ5尾混じった。スッポヌ ケと歯型つき数回ずつあり。写真は、横浜市の安藤英雄氏(左)と日吉 茂氏。
5月22日
釣  果
22日 午前船 仕立10人(貸竿3人) カサゴ狙い。 カサゴ 18〜28cm 船中72尾。他、20〜27cmのクロメバル9尾と大アジ2尾混じった。 台風2号の後波でウネリ高いうえ、北東の強めな風と波が加わり海況悪かったが、魚 の食い活発だった。写真(左)は、所沢市の亀頭氏と狭山市の山田氏
22日 午後船 仕立9人(貸竿5人) シロギス狙い。 シロギスは、13〜26cmがボチボチの食いに、15〜26cmのカワハギ多数混じった。北東 の風は凪たものの、雨に変わり寒さとウネリとの戦いだった。写真は、大田区の高山 鉄男氏。
5月19日
釣  果
本日は、船体整備と台風避難の為出船せず。 <写真は18日の釣果>
5月18日
釣  果
18日午後船 ムギイカの試し釣り。 ムギイカ 102杯にマルイカ5杯混じった。2時に出船し入れ掛かりだったが、都合により3時半で帰港した。
5月15日
釣  果
15日 午前船 仕立8人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 0.3〜0.7kg 0〜2枚(船中5枚)、マゴチ 51cm 船中1本。他、58cmのワニ ゴチ1本と中サバ混じった。朝のうち北東の強めな風で釣り難かったが、アタリは多 かった。写真は、横浜市の石田 隆氏(左)と渋谷区の保坂丈二氏。
15日 午後船 仕立1人 イワシの泳がせ五目。 ヒラメ 4kg 1枚、カサゴ 15〜28cm 11尾、クロメバル 22〜30cm(700g) 2 尾。カサゴ仕掛けで、身エサとイワシを併用した。アタリ多く、食い活発だった。写 真は、三景旅館社長の金森氏。 
5月14日
釣  果
14日午前船 仕立4人 カサゴ狙い。 カサゴ 15〜28cm 5〜17尾(船中45尾)。他、20〜29cmのメバル4尾混じった。南東のウネリ高く釣りにくかったが、食い活発だった。写真は厚木市の桜井美千さんと遠藤・西澤・湯川さん
5月13日
釣  果
13日 午前船 仕立5人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 0.3〜1kg 0〜1枚、マゴチ 57cm(1.2kg) 船中1本。4人は、途中から並 行でシロギスも狙い21〜28cm 1〜6尾とメゴチ混じった。シロギス狙いは、孫サバと イワシの大群に苦戦させられた。ヒラメ狙いは、1kg級の水面でのハリス切れ1回に スッポヌケと歯型つき数回ずつあり。写真は、大和市の道上宗明氏(左)と平塚市の福 田信幸氏。 
5月9日
釣  果
9日 午前船 緑龍会7人 ムギイカ狙い。 ムギイカ 15〜23cm 1〜12杯(1は、竿釣り)、マルイカ混じった。朝のうちは魚探 で海底がわからない程のイワシの大発生で苦労し、イカがつき始めたと思ったらイル カの群れの乱入で大苦戦した。写真は、横須賀市の菊地克彦氏。
5月7日
釣  果
7日午前船 ムギイカの試し釣り(9時半〜10時半) 15〜21cm 21杯。
5月 5日
釣  果
4日午前船・ヒラメ乗合、午後船・カサゴ仕立、5日午前船・仕立キス&ヒラメで出船 予定だったが、4日は南西の強風と雨で、5日は北東の強風と本降りの雨で出船を中止 した。
5月 3日
釣  果
3日 午前・午後通し船 仕立3人 深場五目。 アラ 3.3kg 1本、キンメ 500g 1枚。他、3kgのシマガツオ1枚にノドグロカサゴ 数尾とドンコ等混じった。 フィッシングライター岡本氏の長男・洋輝君の深場釣り体験として、親子3代で出船 した。アコウは不発だったが、サメの猛攻の中で良型アラをゲットした。写真は、岡 本洋輝君(7才)。
5月 2日
釣  果
2日 午前船 仕立6人 カサゴ狙い。 カサゴ 15〜24cm 0〜6尾(0は1人・船酔い)、クロメバル 22〜25cm 0〜2尾。北 東の強風で海況悪く出船を6時半に遅らせたが、船酔い者続出とポイント移動がまま ならなかった為数伸びなかった。10時40分で早上がり。写真は、船橋市の長谷部勝広 氏と三郷市の坂場綾子さん。
5月 1日
釣  果
1日午前船 乗合3人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 300g前後 0〜2枚。他、600gのクロメバル1尾とカサゴ2尾混じった。中盤ムギイカの反応捜したが、当たらず。写真は、横浜市の安藤しずかさん。
4月30日
釣  果
30日午前船 ムギイカの試し釣り(9時〜11時) 12〜25cm 21杯。ヒラメ乗合で出船予定だったが、お客さんの都合によりドタキャンとなったため様子見で出船した。(写真は26日の模様)
4月26日
釣  果
26日午前船 乗合1人 ヒラメ狙い。 形見れず。明確なアタリは3発あったが、アワセられなかった。写真は、浅草の荒金 孝氏。
4月25日
釣  果
25日 午前船 仕立5人 ヒラメ&マゴチ狙い。 ヒラメ 300g 船中1枚、マゴチ 49cm 船中1本。他、カサゴ混じった。昨日と打っ て変わり快晴のナギ陽気だったのだが、スッポヌケと歯型付きが各々数回ずつあった ものの乗り悪くナギ倒れのような結果になってしまった。写真は、川崎市の大沢智秀 氏。
4月24日
釣  果
24日 午前船 仕立4人 カサゴ狙い。 カサゴ 22〜28cm 6〜14尾(船中39尾)。北東からの波と6時頃からの雨で釣り辛 かった。写真は、船橋市の吉川和夫氏。
24日 午後船 仕立8人 シロギス狙い。 シロギス 20〜27cm 2〜10尾。他、カワハギ 18〜26cm 0〜5枚(0は1人、船中18 枚)にホウボウとメゴチ等混じった。本降りの雨と雷で苦戦した。写真は、横浜市の 新坂範行氏。
4月15日
釣  果
15日午前船 乗合2人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 300g 船中1枚。他、26cmの黒メバルとカサゴ混じった。スッポヌケと歯型つき数回あり。6時頃から9時すぎまで海況悪く釣りにくかった。写真は、緑龍会の安藤氏と松浦氏。
4月11日
釣  果
11日 午前船 緑龍会8人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 0.3〜0.8kg 0〜2枚(船中6枚)、マゴチ 46〜48cm 0〜2本(船中4本)。 他、500gのガンゾウビラメ1枚と400gのオニカサゴ1本、ワニゴチ・カンコ・アヤメカ サゴそれぞれ1尾ずつ混じった。朝いちからアタリ多く、スッポヌケも多かった。写 真は、横浜市の安藤英雄氏。
4月10日
釣  果
10日 午前船 仕立3人(貸竿2人) カサゴ狙い。 カサゴ 21〜27cm 2-8-10尾(2は、船酔い)。水温低く、10m以下の水深での食い悪 かった。久しぶりのベタナギ&ポカポカ陽気だった。写真は、江戸川区の鈴木建夫 氏。
3月27日
釣  果
28日 午前船 仕立3人 イワシの泳がせ五目。 ヒラメ 400g 1枚、カンコ 500g前後2尾、アヤメカサゴ1尾。7時すぎまで、北東の 強めな風で海況悪く、浅場のポイントを攻めきれなかった。写真は、横浜市の安藤英 雄氏。
3月27日
釣  果
27日 午前船 仕立3人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 400g前後 1〜2枚、マゴチ 46cm 船中1本。朝のうちアタリ多く、歯型付 きスッポヌケ続出。 写真は、渋谷区の堀切禎史氏(左)と川崎市の五味和宣氏(右)。
3月20/21日
釣  果
20日 午前船 仕立4人 ヒラメ狙い。 ホウボウ 0〜2本。本命のヒラメは、アタリは数回あったものの形見れず。ウネリ高 く食い渋いうえ、朝一からの雨と北東の風で異常に寒く大苦戦。写真は、松戸市の井 上康明氏。
21日 1日通し船 2人 大ムツ狙い。 本命の大ムツは形見れず。 メダイ 3kg 1本、キンメ 400g 1枚。他、スミヤキ2本とドンコ2尾混じった。8時 頃〜2時頃まで北東の強風と波で釣り辛かった。ラス前の流しで明確な本命のアタリ があったが、針掛かりせず。無念!写真は、北区の岡本氏親子。
3月19日
釣  果
19日 仕立 1日通し船 ヒラメ(5h)、オニカサゴ(5h)のリレー。 ヒラメ 500g 1枚、マゴチ 40cm 1本、オニカサゴ 0.5〜1kg 2尾。他、良型の マトウダイとカンコ1尾ずつにノドグロカサゴとヒメコダイ数尾ずつ混じった。朝か ら2時頃まで、北東の強めな風と波と雨で寒くて辛い釣行だった。写真は、和光市の 名取和広氏。 
3月17日
釣  果
17日 午前船 仕立4人 ヒラメ狙い。 ヒラメ 400g前後 船中2枚、マゴチ 40cm 船中1本。他、400gのホウボウ1本混 じった。朝から南西の風強く釣り辛かった。写真は、横浜市の松尾義明氏。
3月14日
釣  果
14日 午前船 緑龍会8人 キンメ、アコウのリレー。 キンメ 400g前後 0〜1枚。2時間後にアコウに転向したが、ギンメダイ1枚とチョ− タ数尾で本命の形見れず。朝一から上潮の流れ早く、大苦戦。写真は、横浜市の安藤 弘樹氏。
3月13日
釣  果
13日 午前船 仕立6人 ヒラメ狙い。 > ヒラメ 400g 船中1枚、ホウボウ 300〜500g 0〜1本(船中3本)。歯型付きと > スッポヌケ数回あり。写真(左)は、川崎市の五味和宣氏。
13日 午後船 仕立3人 シロギス狙い。 > シロギス 20〜26cm 1〜4尾。他、1.5kgのヒラメ1枚とカワハギ2枚にトラギス多 数 > 混じった。シロギスの食い渋かった。写真(右)は、真鶴町の青木英一氏。(釣人 が > 大柄な為、1.5kgのヒラメがソゲに見えてしまった。)
3月7日
釣  果
7日 「フィッシングライター岡本氏と釣りをしよう」Vol.2 大ムツ-アコウのリ レー。 キンメ 0.4〜0.7kg 0〜4枚(0は1人)、アコウ 1kg 船中1本。大ムツらしきアタ リの中層でのスッポヌケあり。他、チョ−タ多数とドンコ混じった。本来、6日 (土)の予定だったが予報が悪かった為、前日に7日にスライドしての釣行となっ た。しかし、健闘空しく釣果奮わず。写真は、左から菊島氏、松浦氏、岡本氏、播磨 氏。