緑龍丸名物大ムツと深場の醍醐味!

こんな良型のキンメが・・・

相模湾は知る人ぞ知る深場のメッカ。数百メートルも沖に出ると、もうそこは水深300メートル以上の好ポイントが目白押しです。よく、初島までキンメを狙って早川から出船される方も大勢いらっしゃいますが、真鶴沖は島のキンメよりはるかに食味抜群と評判。さらに、写真のような大ぶりなサイズをねらいます。
見よ!
この釣れっぷり!


キンメと並ぶ深場のターゲットと言えばなんと言ってもアコウ。キンメ、アコウともにポイントはすぐ近く。さらに好ポイントがそこかしこに点在してますので、その日の状況に応じてポイントを攻め分けてます。その結果が左の写真の通りと言うわけです。
←画像をクリックするとアコウダイの提灯行列をバーチャル体験出来ます。

緑龍丸名物大ムツ狙い

キンメ、アコウのポイント至近にこの地で有名な大ムツのポイントがあります。この大ムツを緑龍丸では3月から狙います。通常の仕掛けとは違い、ハリス2メートル枝間2ヒロ3〜5本針。さらにシモリ玉を付けクロムツを誘います。シモリ玉はヒロミの7号がオススメ。蛍光色が強すぎるとバラムツなど外道の餌食になることもしばしばで、非常にシビアな釣りですが、初島サイズと呼ばれる小さなクロムツとは違い毎年シーズンインすると腕に覚えのあるアングラーがはるばるやってくる名物ターゲットです。

緑龍丸レコード
5キロの大ムツ


アベレージサイズ3キロクラスの大ムがターゲットです。風が吹くと仕掛けが長い為、手さばきが難しいなど高度な技術も要求されますが、是非この機会にチャレンジしてみては?
←画像をクリックすると大ムツ狙いをバーチャル体験出来ます。