遺品整理ネコババ

整理ネコババについて

これは実際にあった話ですが、遺品整理業者が故人が隠していた現金を見つけましたが、依頼主はその現金の事を知らないままで遺品整理業者が現金をネコババしていたと言う話です。

 

遺品整理業者も人間です。突然まとまった現金が現れたら欲に目がくらんだのでしょう。
でも、その業者って仕事の事をどう考えているのでしょうか。
この業者も依頼主が自分で見つけてきた業者です。

 

遺品整理業者って、今はムチャクチャお金になるので流行っている業界です。
だから、マナーも無いしょうもない業者が沢山あります。
しかも遺品整理って、時間を掛けてできるものではない事がほとんどです。

 

遺品整理業者に依頼するって事は少なからず急を要する場合が多いです。

ネコババされにくくする為には必ず現場で立ち合いはする

仕事で都市圏に住んでいる方の実家は地方と言う方も多いのでは無いでしょうか。中々休みも無く、遠い実家へ行くのが大変だと思いますが、現場での見積もりと、遺品整理業者が実際に搬出作業をする時は必ず立会しましょう。

 

遠方の場合、鍵を預けて業者に任せたりする人も中にはいますが、そうすると仕事中に現金のようなものが出てきたときに簡単にネコババする人もいるので作業仲は同じところに留まらず、家の中をウロウロしましょう。

自分で業者を探すとハズレを引いたらおしまい

自分で遺品整理業者に依頼するのは良いですが失敗したらおしまいです。
失敗しないように、業者を何社か自分で声を掛けて相見積もりを取って1社決めて残りの業者に断りの連絡を入れるのはとても大変です。

 

自分自身でいくつも有る業者から良い業者を選ぶのは時間も労力も掛かります。

時間と労力を省くために一括見積をする

複数の業者に一括で見積もり依頼をして、現地見積もりの日時もメールで同じ日にちに時間だけずらして現地見積もりをしてもらったら時間と労力も極端に抑える事が出来ます。




一括見積サイトはいくつかありますが、1つでは無くて2つ程度利用して出来れば3社から5社程度見積もりしてもらって下さい。
その際には同じ条件で見積もりをしてもらうと言う事が条件です。

 

仏壇や神棚があるならばお祓いををしてもらう場合その費用や、買取できるものがあるならば買取してもらうるものとその費用、電化製品の処分費用等全て同条件で依頼してください。

 

後は複数社見積もりをしているので、金額に関しては駆け引き無しで精一杯してください。と伝えるのと、見積もりをしてもらっても絶対にその場で返事はしない事です。

失敗しない遺品整理業者選びでのポイント
キチンとした服装で来ているか

仕事をしていると見た目が一番大切です。いくら作業着で来たとしても、お客さんの家に上がるので綺麗な作業着で来ているかチェックしてください。
スーツで来た人に関しても、キチンとスーツのスラックスに折り目が入ってパリッとしているか、スーツに拭けとか落ちて無いか、ワイシャツの袖の部分が垢で黒くなっていないか等チェックしましょう。
自分の見た目もキレイに出来ない人に、他人の事なんか出来るわけがありません。
そういった業者は教育レベルも低いのでネコババするようなスタッフがいる事が多いです。

名刺の渡し方がとても雑

名刺の渡し方でその人がキッチリしているのか、キッチリしていないのか判断できます。
名刺=自分
という事をキッチリと教育を受けているのかが分かるので、片手で渡したり、渡し方が雑になっていたら、仕事の細かい所もキッチリとしてくれない可能性が高いので辞めておいた方が良いです。

連絡やメールの返信が早い

見積もりを依頼した時に、最初の返信は相手の都合もあるので時間が掛かる事がありますが、気になる事などをメールで問い合わせした時に返信が早い人は仕事も早くて、優秀な営業マンの人が多いのは事実です。

 

以上のような点を少し意識して、大変とは思いますが、失敗や後悔しない遺品整理を行ってください。